住まい・住居での照明器具活用法

コストプラン電球販売サービス照明・電球活用ガイド照明器具活用法>住まい・住居

住まい・住居での照明器具活用法について

住まい用の照明・電球とは、私たちが普段暮らしている家庭における照明のことです。住まいの照明と一口に言っても皆様が住まれている家には、目的などによって様々な部屋やスペースがあります。 住まいの照明では、皆様の家における照明をトータルサポートします。

 

リビングの照明

リビングは、多目的ルームとして、お客様のおもてなし、家族団らん、夜のひと時といったように様々な用途で利用される事から、それにあった形での照明を選ぶ事が重要になります。
リビングルームの照明を選択するポイントは、様々な用途に使える汎用性が大切です。

 

ダイニングルームの照明

ダイニングルームは基本的に「食事をするところ」です。ですから照明計画としても食ダイニングルームにおける照明の選択ポイントは、ずばり「食事をおいしく見せてくれる」演出がポイントになります。

 

寝室の照明

寝室は夜眠る場所が基本になります。そのため、気持ちを落ちつかせてリラックスすることができる環境をつくることがもっとも大切です。落ち着く色のランプを利用したり間接照明を活用し落ち着きの空間を作りましょう。

 

子供部屋の照明

子供部屋は部屋のスペース自体は広くありませんが、多目的に使うことが多いというのが特徴です。また、小さなものが散乱しやすいという特徴もあるので、なるべく明るさを重視するようにします。

 

キッチンの照明

キッチンの場合、刃物や火を使う場なので作業場全体をしっかりと照らす十分な明るさと、料理の色味などをただしく確認できる演色性のすぐれたあかりが必要です。基本的には蛍光灯と白熱電球などの組み合わせがオススメです。

 

トイレの照明

トイレの場合、重要なのはすぐに明るくなる事です。旧式の蛍光灯の場合スイッチを入れてから明るくなるまでに5分ほどかかるものもあり、用が済んだくらいでようやく本調子ということもありました。

 

お風呂の照明

お風呂の場合、利用される方それぞれのお風呂の使い方によってもベストな照明計画は異なります。一般的には落ち着きのある空間を望まれる方が多いようです。

 

洗面所の照明

身だしなみを整える洗面所では、特に女性の場合、ここで身支度をする場合も多いでしょう。あまりに暗かったり、色合いが悪かったりすると、いざ外で鏡を見たら、化粧が濃すぎた!なんてトラブルも多いようです。洗面所は2灯利用をおすすめします。

 

玄関の照明

玄関の雰囲気はその家全体の雰囲気を決めてしまうというほど、玄関は人を迎えるにあたって重要なポイントになります。照明に少し工夫を加える事で、玄関の印象を大きく変えることができます。

 

廊下、階段の照明

廊下や階段の照明は「安全性」を重視しましょう。夜中の移動の際の補助照明の充実などが重要です。また、演出という意味では、絵画や置物などと間接照明を組み合わせる事で奥行きなどを演出できます。

 

屋外の照明

ベランダ、バルコニー、テラスや庭でも照明をちょっと工夫する事で、夜間など大変良い雰囲気を出す事ができるようになります。

電球販売のランプカタログ

ランプカタログでは、白熱電球、蛍光灯、HIDランプ、LEDランプなどを格安で販売しております。
クレジットカードもご利用いただけますし、後払い(ご法人様のみ)も可能となっております。
>>蛍光灯・電球・ハロゲンランプ販売のランプカタログ

<特価商品の一例>
FHF32EX-N(定価1728円⇒360円)
FLR40SD/M/36(定価OPEN⇒198円)
※いずれも1本あたり