照度と用途

コストプラン電球販売サービス照明・電球活用ガイド照明・ランプの色光の明るさ>明るさの単位

照度と用途について

照度(ルクス)は高すぎても低すぎても目には良くありません。それぞれの場所でそれに適した明るさ(照度)が必要となります。ここでは、JIS照度基準を基にして様々な場所ごとの適した照度を解説していきます。

 

標準的な照度を得るのに必要なワット数と広さ

まずは、平均的に必要とされる一般住宅の平均照度(75ルクス〜150ルクス)の明るさを得るのに必要な照明器具と広さ(畳)を解説します。

   
4.5畳
6畳
8畳
10畳
12畳
環形
インバーター
48W+28W
48W+38W
48W+38W+28W
32W+30W
40W+32W
40W+32W+30W
安定器
40W+32W
40W+32W+30W
30W×4
直管形
安定器
20W×3
20W×4
20W×5
白熱電球
(シャンデリア)
60W×5
60W×6
電球形蛍光灯
(ペンダントライト)
12W×3
21W×3

 

 

 

 

電球販売のランプカタログ

ランプカタログでは、白熱電球、蛍光灯、HIDランプ、LEDランプなどを格安で販売しております。
クレジットカードもご利用いただけますし、後払い(ご法人様のみ)も可能となっております。
>>蛍光灯・電球・ハロゲンランプ販売のランプカタログ

<特価商品の一例>
FHF32EX-N(定価1728円⇒360円)
FLR40SD/M/36(定価OPEN⇒198円)
※いずれも1本あたり