白熱電球の構造

コストプラン電球販売サービス照明選びの基礎知識白熱電球>白熱電球の構造

白熱電球の構造について

白熱電球について、その構造および、他の電球・蛍光灯・ランプと比較してどのような特徴があるのかと言う事をわかりやすく解説していきます。

 

白熱電球の特徴

白熱電球は特別な点灯回路を利用することなく手軽に照明効果を得ることが可能です。近年では、小型かつ発光効率の高いクリプトン電球の需要が高まっています。

白熱電球の構造

白熱電球は

・フィラメント
・ガラス球
・口金

の三つから成り立っています。ガラス球の中には真空のモノや不活性ガスを封入したものがあります。一般にはアルゴンガスが封入されれている事が多いのですが、近年ではクリプトンと呼ばれるガスが封入されているクリプトン球が人気を集めています。

 

電球販売のランプカタログ

ランプカタログでは、白熱電球、蛍光灯、HIDランプ、LEDランプなどを格安で販売しております。
クレジットカードもご利用いただけますし、後払い(ご法人様のみ)も可能となっております。
>>蛍光灯・電球・ハロゲンランプ販売のランプカタログ

<特価商品の一例>
FHF32EX-N(定価1728円⇒360円)
FLR40SD/M/36(定価OPEN⇒198円)
※いずれも1本あたり