白熱電球発光のしくみ

コストプラン電球販売サービス照明選びの基礎知識白熱電球>白熱電球発光のしくみ

白熱電球発光のしくみについて

白熱電球はどのようなしくみによって発光し、私たちを照らしてくれるのかと言う事を技術的な側面から分かりやすく解説していきます。

白熱電球発光原理

白熱電球の歴史は古く1878年にJWスワンが開発し、トーマスエジソンが電球という製品として製造したものとされています。

白熱電球の中には導入線と呼ばれるもので「フィラメント」が固定されており、ここに電流を流す事により、電気抵抗が発生し2000度〜3000度の高温になることで白熱化して温かみのある白熱光を生み出しているのです。

開発初期の白熱電球には発光させるフィラメントに「竹」を炭化させたものを使っていたそうですが、現在では「タングステン」と呼ばれる金属を利用しています。

 

電球販売のランプカタログ

ランプカタログでは、白熱電球、蛍光灯、HIDランプ、LEDランプなどを格安で販売しております。
クレジットカードもご利用いただけますし、後払い(ご法人様のみ)も可能となっております。
>>蛍光灯・電球・ハロゲンランプ販売のランプカタログ

<特価商品の一例>
FHF32EX-N(定価1728円⇒360円)
FLR40SD/M/36(定価OPEN⇒198円)
※いずれも1本あたり