飲食店・ショップの照明プラン

コストプラン電球販売サービス照明・電球活用ガイド照明器具活用法店舗・事業所>飲食店・ショップ

飲食店・ショップの照明プランについて

飲食店やショップを始めとした店舗では、事務所や一般家庭と比較して照明やランプが作り出す雰囲気作りが重要な要素となります。間接照明の活用はもとより、飲食店の場合では食品をおいしく見せるための照明利用なども重要です。

 

飲食店での照明プランの基本

飲食店での照明ではお客様に対する「くつろぎ」の雰囲気を出すようにするのが一つ目のポイントです。蛍光灯のような明るく白い光よりも白熱電球やハロゲンランプなどの赤みを帯びた落ち着ける色を基準にプランニングするとよいでしょう。

くつろぎの雰囲気を出す為の照明テクニック

さらに、お店としてのくつろぎの雰囲気を出す方法として、「できるだけ低い位置から、間接的に不均一に、少し低めに照らす」という点が挙げられます。

(1):ペンダント照明やスタンドを低い位置に設置する。

例えば、お客様のテーブルを照らす時、天井から単純に照らすのではなく、できるだけテーブルに近い位置からテーブルを照らすようにします。もちろん、光源とテーブルとの間隔が狭すぎると、逆にギラツキの逆効果の方が強くなってしまいますので、70-80cmくらいの距離に設置すると良いでしょう。

 

(2):間接照明を使い店舗全体を不均一に照らす。

店舗全体を均一に照らすのではなく、間接照明を用い、店舗全体の明るさに濃淡をつけると、お客様はくつろぎモードに入りやすくなります。間接照明の効果的な設置方法に関しては「間接照明のテクニック」で解説しています。
また、飲食店における間接照明のテクニックとして使えるテクニックは、テーブルとテーブルの間を暗くする事でテーブル間の心理的な距離感が生まれ、まるで個室にいるかのような雰囲気を作り出す事ができます。

店舗を改装するのには多大な費用が必要ですが、ちょっと照明の種類を変更したり、位置を変更するのにはたいして費用はかかりません。

まずは、店舗の照明設計を見直して、よりお客様に対して「くつろぎの空間」を演出できるようにしませんか?

 

電球販売のランプカタログ

ランプカタログでは、白熱電球、蛍光灯、HIDランプ、LEDランプなどを格安で販売しております。
クレジットカードもご利用いただけますし、後払い(ご法人様のみ)も可能となっております。
>>蛍光灯・電球・ハロゲンランプ販売のランプカタログ

<特価商品の一例>
FHF32EX-N(定価1728円⇒360円)
FLR40SD/M/36(定価OPEN⇒198円)
※いずれも1本あたり